周囲の目が気になるわきがの対策|悪臭を断ち切るウラ技を伝授

病院で治療するとは

女性

医師の診察を受けて

わきがかどうかは医師の診察を受けなければわからないことがほとんどです。ただの思い込みの場合や他の症状なのにわきがと勘違いして対策している場合もあるからです。わきがかもしれないと思ったら、まずは医師の診察を受けましょう。医師がわきがと判断したら治療を受けるのが賢明です。ただ、わきがの治療と言っても様々な方法があり、症状も人によって軽度のものから中度や重度のものなどにわかれています。治療方法も症状の重さによって費用や方法に違いがあります。重度の場合は手術することもありますが、それも色々な方法がありますので医師との相談は必須です。まずは皮膚科へ行き診察を受けて、本当にわきがかどうかを判断してもらいましょう。

臭いの軽減

医師に診察を受けるとどの程度のわきがなのかを知ることができます。わきがの程度を知ることはとても大切です。わきがの程度にあわせて臭いを軽減できる対策をたてることができるからです。わきが対策には基本的に無香料の制汗剤やウェットシートがお勧めです。臭いが混ざるのを防ぐことができます。また、程度にあわせて適したものを使うようにしましょう。軽度ならウェットシートで小まめに汗を拭きとるようにしたり、服にわき汗取りパットをつけるようにするだけで臭いが軽減されます。中度や重度の場合は殺菌効果の高い制汗剤を塗ったり、消臭効果の高い下着にするなどの対策が有効です。また、食生活に気を付けるのも臭い対策には大切です。